お金を稼ぐコツ 〜Part1〜

元ドライバーの中島さんに、

ズバリお金を稼ぐ秘訣を突撃取材!

伊藤 ---

今回のお題は「お金の稼ぎ方」です。前回「タクシー業界のリアル」が視聴者の方から好評でしたので、今回はお給料にスポットを当ててお話を聞いていきたいと思いますが、よろしいでしょうか?

中島 ---

はい。

伊藤 ---

ちょっと生々しい内容になってしまいますが・・・。お金を稼ぐというのは簡単なことではなく、実際大変なことだと思うのですが、タクシー時代は、1日最高どれくらい稼いだのかを聞いてみたいのですが。

中島 ---

最高の売上?1日で8万くらいかな。

伊藤 ---

8万円? 1日で?

1ヶ月だと?

中島 ---

覚えていないけど、良いときは手取りで30万(額面38万程度)くらいじゃないですか?

伊藤 ---

ドライバーさんて、1日の売上は日々計算するものですか?それともあまり気にしないものですが?

中島 ---

人によると思いますが、目標をきっちり決めて、そのラインを下回らないようにやる人もいれば、そんなにガツガツせず、意識せず営業し、大体このくらいかな、という人もいます。

伊藤 ---

中島さんはちなみに?

中島 ---

うーん。あまり「月にいくら」という目標設定はせず、月というより、その日一日を一生懸命頑張り、その毎日の積み重ねという感じだったかな。

伊藤 ---

ノートにいくらいくらと書くようなことはなく?

中島 ---

そのマメさはない。(笑)

伊藤 ---

そこで気になるのは、稼ぎ方です。「お給料これくらいもらえるんだ」というアピールはドライバーさんから聞くことがよくありますが、実際の稼ぎ方のポイントとして抑えるべき点を教えてください。

中島 ---

稼ぎ方のポイントか。一番は、人の流れを把握することじゃないですか?

伊藤 ---

人の流れを把握する?

中島 ---

時間帯とか曜日によって、街に出てくる人が違うし。

伊藤 ---

平日と休日だと、お客様のいる場所が違うと?

中島 ---

そういうこと。

伊藤 ---

平日だと、どこを走ります?

中島 ---

基本は都心3区(港区・中央区・千代田区)を意識して。平日だと、朝は通勤の需要があるからオフィスまでお送りする仕事を狙って動いていく。逆に、10時くらいになったら今度はオフィスエリアを走ったり、ホテルなどのタクシー専用乗り場に並んだりする方が乗る確率が高くなる。

伊藤 ---

都心3区で走るのはマストなのですか?

中島 ---

マストというか、基本だと思うけど。そこを中心にやりつつも、そこに囚われ過ぎるのもどうかなと。そこらへんは、臨機応変にやった方が効率的だと思います。

伊藤 ---

現役時代のテリトリーはどこでした?

中島 ---

麻布十番ですね。

伊藤 ---

麻布十番?(笑)おしゃれですね〜。

中島 ---

麻布大好き。(笑)

伊藤 ---

なんで麻布だったんですか?

中島 ---

人々の落ち着きを感じるよね。麻布に住む人々は。

伊藤 ---

なるほど。(笑) なんとなく分かるような気がします。

中島 ---

相性が良かった。

伊藤 ---

ところで、運行管理のお立場になられて、新卒ドライバーはどこ走っているかとか、情報は入ってきますか?

中島 ---

情報というか、日報見ているから「彼はあそこ走っているなー」とか分かるよね。

伊藤 ---

得意・不得意は人によって違いますか?

中島 ---

ドライバーによって個性は出るかな。

伊藤 ---

人の流れを見ることと、自分の得意なエリアを網羅することが大切なのですかね?

中島 ---

あまり囚われない方が良い。囚われちゃうけどね。やっぱ好きなエリアに行っちゃうよね。知らず知らずのうちに。自分の場合、気づくと麻布十番にいる、みたいな。

お問合せ

0800-100-1212

お電話

Eメール

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ameblo_logo
Copyright©hitachi-gr.com.All Right Reserved
logo2.png
  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円
  • ameblo_logo_gray